看板品揃えNo.1宣言!材料から完成品まで
サインシティにおまかせください!

お問い合わせはお気軽に!
052-265-7603
営業時間/平日
9:00~17:00
カテゴリーから探す

タペストリーとは? | 看板の激安通販ならサインシティ

タペストリーとは

タペストリー タペストリーといっても上下に樹脂製の棒がついていてぶらさがっている物だけがタペストリーではありません。
チームのフラッグや店舗の屋外に看板の役割をしてイベント告知の役割をしてぶら下がっているテント生地もタペストリーの一部です。
サインシティでは一般的なタペストリーに使用する製作部材を扱っているほか、製作にも力をいれておりオリジナル品を1 枚からつくることも可能です。

オリジナルのタペストリーを製作するときに便利な用語と特長をまとめてみましたので、お問い合わせの際にご活用いただければ幸いです。

どういうところにつかわれているの?

屋内用タペストリー

一般的にはインテリアの一部、また好きなアーティストやキャラクターが印刷してありインテリアの一部としてつかわれていることが多いタペストリーですが販促活動などのアイテムとしても多く使用されています。
樹脂製の上下バーに紐を通して吸盤などでウインドウに貼りつけてあるのをよく見かけます。
またイベントなどの際に店舗の天井から「SALE」や「~%OFF」などつりさげて使用しているのもよく見かけます。
あれもタペストリーの一種です。

屋外用タペストリー

代表的なものは店舗の入り口や、店舗の壁面に一定間隔で店のロゴなどが印刷されたテント生地のものがぶらさがっているアレです。
特にカフェやイタリアンレストランなどヨーロッパ色が強い飲食店などには相性がよく国旗や紋章が入ったフラッグ状のテント生地(ターポリン)が多用されています。
普通の看板を設置するより雰囲気がでるためこの用途で屋外用タペストリー(フラッグ)の製作を希望される方は非常に多いです。

どういう生地がつかわれてるの?

トロピカル(ポリエステル)

タペストリー トロピカルは薄手のポリエステル製の生地でとても軽く、持ち運びにも大変優れた素材です。
薄い分強度的にはあまり強くなく使用方法的には室内の壁掛け用として使われることが多いです。
価格も安価で枚数が多い物などにはよく使用されている素材です。

トロマット(ポリエステル)

先ほどのトロピカルと同様ポリエステル製の生地ですが、トロマットの方が生地が厚く、強度もあるため大き目のタペストリーなどに使用されています。
生地が厚い分、トロピカルと比べると裏抜けがしにくいですがしわも入りにくいため持ち運びをされるような物にはトロピカルよりトロマットをおすすめします。

ターポリン(軟質塩化ビニール)

上記2 点では使用が難しい屋外での使用に適しています。
イメージ的には厚めのビニールといったかんじでしょうか。厚みもありポリエステル生地と違い重さもでてくるためあくまで常設としてお考えください。
フラッグやタペストリー用途よりも、横断幕、懸垂幕で使用されることの方が多い生地です。
屋外で使用する場合に適しているとはいえ風などの影響は受け、生地がやぶれてしまうこともございますので強風時には必ずおしまい下さい。

印刷方法はどのようなものがあるの?特長は?

昇華転写

コンビニののぼり生地などグラフィックが入った生地の印刷には多く使用されている印刷方法です。
転写紙とよばれる専用紙に反転した画像を印刷し、ポリエステル生地と合わせて専用の機械で熱と圧力をかけることにより気化したインクがポリエステル生地の分子構造に入り込み染色するプリント方法です。
最近では転写紙を使用しないダイレクトプリントも一般的になりつつあります。
鮮やかな発色が特長です。
枚数が多い場合はトロピカル、トロマットで昇華転写プリントという場合が多いです。

インクジェットプリント(溶剤)

ターポリン、一部ポリエステル生地にはインクジェットプリントが用いられます。
しっかりとした発色が特長です。版を使用しないでもプリントできるため1 枚からのオリジナル品も安価に製作することができます。そのため小ロット時にはインクジェットプリントという場合が多いです。

タペストリーに施してある加工はなんて呼べばいいの?

棒袋

タペストリー タペストリーの上下もしくは左右にパイプを通す穴を袋縫いする加工方法です。
店内などに飾る場合は、上下棒袋仕立てでお出しすることが多いです。
棒袋加工の場合は袋の中に塩ビパイプとよばれる樹脂製のパイプをいれて使用することが多いです。
アルミ製のタペストリーバーなどを使用し高級感を出したい場合は棒袋加工は行わずタペストリーバーの付属部品に巻き付け加工をしアルミのバーにスライドさせるように入れて、アルミバーが外から見えるように加工する場合が多いです。

ハトメ

生地の各所に穴を開けフチを金属の輪で補強するターポリンなどで用いられる加工方法です。
ハトメ加工部分にロープなど通して固定します。大きさなどにより穴の数を増やして固定箇所を増やします。

ヒートカット

ポリエステル生地をカットする際に熱で生地の切断面を溶かしながらカットする方法です。
カット後カットしたところからのほつれが起こりません。

防炎加工

印刷したクロス生地への後加工、また防炎ターポリンへの印刷加工で防炎加工品としてお出しすることができます。
モールや百貨店などでの装飾時にはクロス、ターポリン生地の防炎加工は消防法の関係で必須となります。
価格も若干高くなることから皆様使用箇所によって使い分けをされております。

タペストリーのほんの一部の用語をご紹介させていただきました。
特殊生地のサテンやスエードなど質感に特長がある生地での加工も承ります。
タペストリー製作のお問い合わせはサインシティへ!

カテゴリーから探す

業種・シーンから探す