看板品揃えNo.1宣言!材料から完成品まで
サインシティにおまかせください!

お問い合わせはお気軽に!
052-265-7603
営業時間/平日
9:00~17:00
カテゴリーから探す

看板・サインの色指定について | 看板の激安通販ならサインシティ

看板・サインの色指定について

「青」と一言に言っても様々な青が有ります。 少し緑がかった青、原色の青、白っぽい青など 一言で色を表そうと思っても自分も頭の中で思っている色を正確に表現する事が難しいですし、受け手がそれをどう捉えるかによって色のニュアンスというのは全く異なってまいります。 「言葉」で色を表現し誰かに伝えるというのはとっても難しいのです。

では、視覚で表現すれば良いのではないか?と考えられた方は正解です! 欲しい色の現物を持っていて、それを相手に見せる事が出来る環境が有れば全く問題有りません。 その方法に勝る伝え方はおそらくないでしょう。 しかし東京にいて福岡の方に今すぐ色を正確に伝えたいとき、どうしたら良いと思いますか?

「メールで送れば良い!」と思われるかもしれません。 確かにパソコンからインターネットやメールを使用して色の雰囲気を伝える事は出来るかもしれませんが、人によって使用しているパソコンやディスプレイが異なりまた環境も違う中で、自分で見ている色と相手がみている色というのが必ず一致しているという保証が出来ないのです。

そこで、活躍するのが既製のカラーガイドです。 細かい色合いや色調を番号で指定する事ができる為、お互いがカラーガイドの色を調べる事が出来ればほぼ正確に実際の欲しい「色」を相手と共有する事が出来るのです。

業界によって使用されるものが若干違うようですが、有名なものをいくつかご紹介していきたいと思います。

JPMA Standard Paint colors(通称:日塗工)
社団法人日本塗料工業会

日塗工 社団法人日本塗料工業会とは、塗料製造業を会員とする団体として設立され、現在、社団法人日本塗料工業会と改組し運営しているます。
日塗工は日本塗装工業の定めた塗装用の塗料の基準色をまとめ2年に一度発行されるカラーガイドです。
主に塗料を使用する建設業、内装業の現場で用いられる事が多いです。
(インテリア、エクステリア、建築物、機械、設備業など)
他のカラーガイドは印刷見本用として作られているものが多いのに対して日塗工は塗料で実際に調合可能な色のみが掲載されています。
なので比較的鮮やかな色が少ないのも特徴です。
JIS規格の色も掲載されており、塗装関係の日本の色見本の基準となっています。

PANTONE(通称:パントーン)
Pantone, Inc(アメリカ)

パントーン Pantone, Incとは、アメリカに本社を持つグラフィック関係の業務を行っている企業です。
同社が提供しているカラーガイドが「PANTONE」になります。
主に印刷・デザイン・グラフィックの現場で使用される事が多いカラーガイドの一つです。
独特な鮮やかな色調が特徴で世界でも様々なブランドがPANTONEのカラーを指定色として使用しています。
日本ではまだ聞き馴染みが少ないですが世界で「カラーガイド」の代名詞と言えば「PANTONE」と言われる位認知度は高いので、海外とやりとりをする際はほとんどこちらを使用致します。

DICカラーガイド(通称:ディック)
DIC株式会社

DICカラーガイド DIC株式会社とは日本国内をに拠点をおく印刷インクとその主原料の有機顔料の世界トップシェアメーカーであり同社が提供しているカラーガイドが「DICカラーガイド」になります。
PANTONE同様、主に印刷・デザイン・グラフィックの現場で使用される事が多いカラーガイドの一つです。
国内ではPANTONよりも認知が高く活用されている場が多く有ります。

いかがでしたでしょうか。
このようなカラーガイドを知っていたり持っていると「いざ」というときに役に立つかもしれません。

どうしてもこういったカラーガイドが見当たらない場合は、有名なお菓子や食品のパッケージカラーなどで伝えても意外と伝わるかもしれません。

カテゴリーから探す

業種・シーンから探す