看板品揃えNo.1宣言!材料から完成品まで
サインシティにおまかせください!

お問い合わせはお気軽に!
052-265-7603
営業時間/平日
9:00~17:00
カテゴリーから探す

書体について | 看板の激安通販ならサインシティ

書体について

書体とは、文字のをパソコン上や印刷の際に使用する様式を指します。
世の中には日本語、英語に留まらず様々な国で沢山の書体が存在しその個性は多種多様です。
日本語の書体でいえば「ゴシック体」「明朝体」などは使用されている場面も多く、この単語自体一度はどこかで聞いた事があるという方は多いのではないでしょうか?
普段何気なく呼んでいる本やみているテレビ、つり革の広告、街中の看板。
あれらは全て何となく表示されているのではなく相手に何を伝えたいかによって文字の書体、大きさ、太さが考えられて作られているのです。
街中を歩いていると思わず目に留まってしまうものってありますよね?私達が何気なく過ごしている毎日に「書体」が及ぼす影響は少なくありません。
何を伝えたいのか、どういう印象に見られたいのか、誰に読んでもらいたいのかによって選ぶ書体がかわってきます。
こちらのページでは、書体の種類や、その使用シーンまで含めていくつか例を挙げてご紹介していきたいと思っています。

日本語の書体

角ゴシック

角ゴシック

特徴が余りなく、角張った文字で、私達の生活のなかで一番目にする事が多い書体だといえると思います。
種類としては「MS ゴシック」「MSP ゴシック」「ヒラギノゴシック」「小塚ゴシック」などパソコンで文字をうっていると「みた事あるかも」と思うような書体もあるのではないでしょうか?
大きく太くする事で目立ち、細く小さくする事で読みやすい文字として多用されていますが力強い印象を与えてしまうため余り繊細な事を伝えようとしても見た目からの印象が強く反映されてしまうためあまり適しません。

明朝体

明朝体

ゴシック体と並び、よく見る書体である明朝体は楷書を単純化させたものといわれており特徴が残されたまま現代に定着しています。
主に本文書体、名前や人物の台詞などで使用される事が多いです。
角ゴシック体同様太く大きく使用する事で力強い印象を与え細く小さくする事で読みやすい文字として多用されていますが、ゴシック体と比べ見た目に重さがなく少し繊細な印象も与えます。
また、使用する場所によっては「安っぽい」というよりはすこし「高級感」を与える書体とも受け取れます。

丸ゴシック体

丸ゴシック体

同じゴシック体でも大きく分けると角ゴシックと丸ゴシックと分ける事が出来ます。
こちらも日常で良く使用されている書体の一つです。
使われる場所としては角ゴシック、明朝体と同じような場面で使用される事が多いのですが与える印象が他の二種類とは異なり、角ゴシックとは違い角がとれた書体なので全体的に優しい印象を与えます。

丸ゴシック体

この三つの書体で見比べてみると違いがよくわかると思います。

この3 種類の文字は数は多くないですがほとんどのパソコンに元々はいっています。

筆文字書体

他にも和風な印象を与える筆文字書体
力強いものから柔らかい印象のものまでございます。
店頭の看板や広告で、見出しの文字を筆文字書体に変更する事でイメージはぐっと和風に変わります。
読んでもらう為の文字というよりは、ひとに印象を与える為のツールに近いかもしれません。

変わったフォント

他にも特徴のある少し変わったフォント。
ゆるい手書きの様なものから少しスタイリッシュなもの、インパクトがあるものなども書体として存在します。

こういった特殊なフォントに関しては有料で販売されているものがほとんどでなかなか購入するのが難しい場合もございますが、一部体験版として無料で使用できるものというのも公開されているので試しに使用してみるのもひと味変わったものが作れていいのではないでしょうか?

英文の書体

私達が日常で使用する書体で英文の書体もとても重要です。英語の文字で一般的とされているのが「Arial」「Helvetica」角ゴシックのようなフォントになります。
外国の書体は無料で公開されているものがほとんどで、書体を検索してみてみると「こんなのもあるんだ!」とクスッと笑ってしまうような書体であったり文字ではなく文字をうつとイラストが出てくるようなフォントも存在します。

人が思っている以上に書体が人に与えている影響はおおきくそれに気づいていない方が多いです。少し違った観点から広告や看板を見る事で今以上にはいってくる情報が増えるかもしれません。街中を歩く際はそんな事も気にしながら歩いてみるのもまた違った印象で楽しくなるのではないでしょうか?

カテゴリーから探す

業種・シーンから探す